自然災害について

地球はどうなってしまうのでしょうか。 大阪北摂地震、そして今回の多方面の大水害。 災害に合われた方、心からお見舞い申し上げます。 スタジオKは地震の震源地の近くでもあり、地震の怖さを身にしみて感じ、その怖さから少し立ち直ってきたころにこの大雨。スタジオKの横には安威川という川が流れていて、今回も危険水位近くまで上がってきました。川が氾濫するのではないかと、地震以来避難準備はしていましたが、またもやいつでも避難できる体制を整えていました。 でも、地震でも少しの被害で済み、川の氾濫もなく済みました。 単身赴任中の主人から岡山地方の雨がすごいという連絡は入っていましたが、倉敷の大水害の映像を見たときに涙が止まりませんでした。そして、倉敷だけではなくあちらこちらで同じような映像が。 地震と水害の恐怖がどれほどのものか味わったばかりなので、災害に合われた方々の心境を思うと、本当に心が痛いです。 今回無事だった者として、何かをしていかなければいけないのではないかと考えさせられました。 義援金ももちろんのこと、もっと何か。 私がやるべきこと、私がやりたいこと、何のために勉強しているのか、心の底から自信をもって一歩前に進める気がします。 被害にあわなかった私が出来ること、今勉強していることは何のためなのか。先ずは、自分が家族や身近な人に迷惑をかけないように生きてくこと。そして、地域の活性化の為に役に立つこと。災害に合わなかった人たちが元気でいると国のお金は少しでも災害に合われた方たちに使うことが出来るのではないでしょうか。小さいことかもしれませんが、そういうことも大切なことだと今回思いました。そういう継続的な努力が必要だと思います。 今日もその思いを持って勉強に行ってきます。

コメントを残す